読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるブログ

心にうつりゆくよしなしごとを綴ってゆきます。

「ヒーロー」のお話

みなさんこんにちは。社会人生活も二週目に入りましたが、相変わらずのてんやわんやぶりで色々忙しいです。


さて突然ですが、「ヒーロー」ってどういう人だと思いますか?
人を救う人でしょうか。それとも誰かのために自分を犠牲に出来る人でしょうか。
色々定義はあるでしょうが、今回はそんなヒーローについて話します。


「ヒーロー」ってどうやったらなれる?

私事ではありますが、僕はずっとヒーローに憧れていました。人を助けることができる、そんな人間に自分もなりたいと強く願っていました。その為の苦労なら惜しまずするつもりでした。


そんな時聞いたのがこの台詞です。


f:id:rider1275:20170418013722j:plain

英雄ってのはさ、英雄になろうとした瞬間に失格なのよ。お前、いきなりアウトってわけ。


仮面ライダー龍騎」に出てくる、北岡秀一=仮面ライダーゾルダの台詞です。「英雄になりたい(人から好かれたい)」との願いからライダーバトルに臨む、東条悟=仮面ライダータイガに向けての言葉でした。


二年前に龍騎を観たときはこの言葉の意味がわかりませんでした。が、劇場版仮面ライダー剣、そしてこの歌詞を見て、やっとその意味に気付きました。

ヒーローになんて なりたくない
(中略)
そんなものがいらない 世界へと 変える為に


要するに、「ヒーロー」ってものは困った人がいないと現れない存在なんですよね。だから、そうなろうとすること自体、「苦しむ人」の存在を願うことに繋がるわけです。


それはヒーローとは程遠い思考であり、「ヒーローになりたい」と願う人間は永遠にヒーローにはなれないんです。


…じゃあ、どうすればヒーローってものになれるんでしょうか?


ヒーローの条件

ではヒーローの条件は何か。僕が思うにそれは、「ヒーローになりたくない」と願うこと、あるいは何も考えないことではないでしょうか。


そもそもヒーローって何かと考えてみると、「困っている人、苦しんでいる人を助ける、あるいは無くす人」なわけです。
であれば、そういった人がいない状態が、ヒーローにとっての目標なんですよね。


そう考えると、何も考えずただ目の前の誰かを助けられる人こそが、自分の名誉を誇示したり、自己顕示欲を満たしたり、そういったこととは無縁の人こそが、ヒーローになれるのではないでしょうか。


ただ目の前の人を救う。ただ災害や犯罪に対処する。それは決してヒーローになりたいからではなく、人として当たり前のことだから。そう考えられる人が、本当のヒーローになれるのでしょう。



少し龍騎のネタバレになりますが、その後の東条悟の話をします。


彼は前述の言葉を聞き、どうすれば英雄になれるか悩むわけです。悩み続けてふと街の交差点に着いたとき、彼が目にしたのは親子連れに突っ込むトラックの姿でした。


とっさに彼らを突き飛ばし、トラックに轢かれた東条。翌日の新聞に書かれていたのは、


「親子を救った英雄」


という見出しでした。


…英雄になりたいと望んでいた時には命を奪うことしか出来ず、逆に何も考えないときに命を救うことが出来た、というのは皮肉という他ありませんが。きっとヒーローというものには、常にそういった皮肉が付きまとうものなのでしょう。

それでも僕は

でも。それでも僕はヒーローになりたいです。誰かを助ける事が出来る、誰かの為に命を張ることが出来る。そんなヒーローに、僕はずっと憧れていたんです。


正直言うと、自分みたいな人間でも誰かの役に立てると、自分にも出来ることがあると。そう思いたかったんです。それがヒーローから程遠い思考だとしても。


きっと僕はヒーローにはなれないでしょう。だってヒーローが願ってはいけない、自分本意の考え方をしているから。


もしそうでも、たとえヒーローにはなれなくても。僕は困った人を見ているのがとても嫌だと思います。泣いている人を見るのが辛いと感じます。その人を助けるためなら、なんだってしたいです。


であれば。ヒーローなんて肩書きが無くても、僕は僕の思うまま、誰かを助けるために生きていこうと思います。
それが例え、自己顕示欲や名誉欲を満たすためのものだとしても。一人でも多くの人を助けたいと願う気持ちは、絶対に嘘ではないのですから。


とまあ、いい感じに締めてみました。


願わくば、私が誰かにとってのヒーローになる、そんな事態が永遠に起こりませんように。


(今回何回ヒーローって言ったのかな…)

「甘い」≠「優しい」というお話。


f:id:rider1275:20170401235620j:plain


早いものでもう4月です。新学年やら新生活やら忙しい時期ですね。かくいう私も社会人になってしまいました。


この段階で何書くか決めてないんですが、何か書きたいからまず書いてみます。


とはいえ、何を書けば良いのか。なんか色々言いたいことだけはたくさんあります。


じゃあ、今回は「優しさ」と「甘さ」についてにしましょう。


「優しい」ということ


f:id:rider1275:20170401235904j:plain


僕は「優しい」人間だと言われることが多いです。困った人はほっとけないし、怒るのも苦手ですし。曲がったことも嫌いです。恐らく周りから見れば優しいんでしょう。僕も正直そう思います。


ただ、「優しさ」も過ぎれば「甘さ」につながりますよね。どこからが「優しさ」で、どこからが「甘さ」なんでしょうか。なんとなく境界線を考えてみました。

「優しさ」と「甘さ」の境界線


f:id:rider1275:20170401235918j:plain


では優しさと甘さの境界線はどこにあるのか。僕が思うに、それは「自己保身」の有無かと思うんです。


例えば誰かを怒るべき時に怒れないのは、決して「優しさ」などではないのです。それは、「相手に嫌われるのが怖い」「関係を壊したくない」という「自己保身」、つまり「甘さ」なんです。


何かをされた時、何かが起きた時、自分が心から大したことないと感じ、許すのならそれは「優しさ」でしょう。


ただもし、ほんの少しでも自己保身の気持ちがあるなら、向き合うのが怖いと無理矢理納得しようとするなら、それはただ「甘い」だけなのかな、と思います。


結局何が言いたいの?


f:id:rider1275:20170402000419j:plain


こうして考えると、僕は今まで見事に「甘い」だけの人間でした。怒るべき時に怒れない。諫めるべき時に何も言えない。人と真っ向から向かい合うのが怖い。そういう人間でした。


ただ、それはやっぱりいけないことだと思うんです。相手のためにも、自分のためにも。


相手のしたこと、しようとすることに何も言わなければ相手は自分が間違ってるとか、おかしいとか思わないわけです。それではきっと他の人には通用しません。下手をすれば、後でもっと酷い目に遭うかもしれません


そして、相手と対立しないってことは、その時は楽です。自分が我慢するだけで済みますから。ただ、我慢が積み重なった挙げ句自分自身が苦しむことになったり、その時対立しなかった事で相手がより苦しむ結果になってしまい、自責の念に駆られたり、ってことも充分考えられます。


だから、自分の譲れないものがあるなら、許せないことがあるなら、止めるべきことがあるなら。なおのこと逃げてはいけないのかな、と思います。


おわりに

僕の好きな小説に、こんな言葉があります。

でたらめでもいいから、自分の考えを信じて対決していけば、そうすりゃ、世界が変わる


もちろん、怖いです。人に「それは違うよ」って言うのは。自分が正しいと信じて何かを言うのは。嫌われたり、間違っていたりするかもしれません。


でも、何かを変えたいと思うのなら。このままではいけないと思うのなら。きっと、勇気を奮い立たせ、自分を信じて立ち向かうしかないのでしょう。そうすれば、世界までは変えられなくても、目の前の現実くらいは変えられるんではないでしょうか。


例えそれが間違っていても、考えるきっかけにはなります。であれば、立ち向かおうとしたことは決して無駄ではないでしょう。


熱い自分語りになってしまった気もしますが、こんなところですかね。今回はこれから自分がこうなりたい、という自戒の意味も込めた記事になりました。


ちなみに社会人になるという現実とは未だに向き合えていません。現場からは以上です。

「出会いは人生の宝探し」


f:id:rider1275:20170129021403j:plain



先日、最後のゼミがあり、終了後に殆どの4年生と何人かの3年生で飲みに行って来ました。


今だから話せる就活中の話をしたり、今までのゼミの事を話したりと、楽しいひとときを過ごせました。飲み会は苦手ですが、行ってよかったと思います。


色々ありましたが、このゼミを選んでよかったな、と思える最後でした。


しかし第一印象は…

正直言って、最初は同期のゼミ生が苦手でした。なんと言えばいいのか、びみょーに「合わない」気がしてたんですよね。


その勘はなんとなーく当たってて、かたや飲み好きの人達、かたや飲み会大嫌い芸人と、見事に別れていたわけです。


他にも価値観が合わなかったり、いじられキャラとは言えディベートの役目を無理に押し付けられたりして


「あ、やっぱり合わないわ」


って不満が溜まっていったんですよね。
「この人達は自分の事をわかってくれないだろう」
とも思ってました。


そんなわけで、2年あるうちの1年半近くは微妙な距離を取りながら来たわけです。


変わるきっかけ

で、昨年の下半期辺りに自分の事を見直す機会があり、ゼミの事についても考えてみたんですよね。


そこで、気付いたんですよ。
自分から歩み寄ろうともしないのに「合わない」って変だって。自分から自分の事明かしてないのに、「わかってくれない」って言うのはおかしいって。


今までの友達の事を考えても、自分が合わせてる部分って少なからずあるんですよね。
全部自分を押し通して仲良くなれることってなかなかないと思います。多少合わなくても、仲良くなりたいから合わせるんです。


でも今回はそれが全くなかった。仲良くなろうとすらせず、さっさと見切りを付けていたんです。


実際に関わってみてどうしても合わないなら、それはそれでいいんです。
ただ僕の場合は違ったんです。関わる前に心を閉ざしてしまってたんですよ。


ちょっと違うから。
ちょっと合わないから。


深いところまで知る前に関わるのをやめていたんです。


そう考えたら恥ずかしくなりました。
向こうは飲みに誘ってくれたり、僕と話したいって思ってくれていたのに、僕はそれを無下にし続けたわけですから。


今更仲良くなれるかわからないけど、僕はそれから少しずつ、自分の事を話すようになりました。


で、冒頭の飲み会の時、初めて自分の深いところまで話したんです。
そしたら、みんな親身になって聞いてくれて。


「ここまで黙ってないで話してほしかった」


って言われて。わざわざ個人的に連絡してきてくれた子もいて。


なんて勿体無いことしてたんだろうって。普段だけ見てわかってなかったのは自分の方だったって、思ったんです。


「出会いは人生の宝探し」

第一印象で「この人とは合わないな」って感覚を感じたことは誰しもあると思います。
でも、そこで関わるのをやめてしまうのは勿体無い事だと思うんですよね。だってまだ全然相手のことを知らないんですから。


普段みんなの前で出てる部分しか見てないだけで、考えてることとか、価値観とか、わからない部分はまだまだあるわけですからね。


中学の先生が
「出会いは人生の宝探し」
とおっしゃっていたことを思い出します。


元々の意味は
「一つ一つの出会いは奇跡的な物=宝物だから、人生で多くの宝を見つけて欲しい」
的な物だったと記憶しています。ただ、今回の件で僕はこう思いました。


一見ゴミにまみれて値打ちがないものに見えても、よくよく見たら古代の財宝かもしれない。逆に綺麗なものでも、贋作で値打ちがないものかもしれない。


大切なのは、自分にとって本当に価値のある、唯一無二の宝を捨ててしまわぬよう、一つ一つの出会い=宝物をしっかり時間をかけて見極めることなんじゃないか、と。


ただの決めつけで大切なものを失うことのないよう、気を付けようと思った1月の終わりでした。



ちなみに最近友達に転居を手伝ってもらったのですが、その際「ゴミが多すぎる」と言われたのは、そこから本当に大切なものを見極めようとしていたからです。

…ええ、本当ですとも。ええ。

人に寄り添う励まし方

段々寒くなってきましたか、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
私は献血前に数分外に出ただけで手が尋常でなく冷え、献血中左腕をカイロまみれにされたりしましたが元気です。


今回は、「励ましの言葉」について少し話します。

「周りも同じ」って言われても…

f:id:rider1275:20161117222411j:plain



「つらいのはお前だけじゃない」「他のやつも同じだ」「周りにはもっと辛いやつがいるんだ」ってよく聞きますよね。


僕ははっきり言って、これらの言葉が虫酸が走るほど嫌いです。でも、なぜかって事はずっとわからずに来ました。


そんなときに見つけた言葉がコレです。



この言葉を見て、長らく感じてたモヤモヤがすっと引いていくのを感じました。


励まされる側からの思い

つまるところ、それを言われたところで何も変わらないんですよね。
自分が辛い思いしてるところに「周りも辛いんだ」なんて言われて、「あ、じゃあ頑張れるわ」ってなるか、って話なんですよ。少なくとも僕はなれません。
自分より下を見たところで、今の自分の状況が変わるわけではないんです。


僕は「今」「音をあげるくらい」辛いんですよ。他人の辛さと比較している余裕なんてないんです。そこでそんな事言われても立ち上がる気力なんて沸きません。精々立つのは腹くらいです。


それに、「同じ事をやっている=同じ辛さ」ではないと思うんです。人はそれぞれ体格差も内面の差もあります。同じ事やったって、同じ目に遭ったって辛さも感じ方も違うのは当たり前でしょう。


それをこういった言葉で一纏めにしてしまうのは、ちょっと違うのかなーと思います。


しかし励ます側からみると…

ただ…自分が励ます側に回ったとき、やっぱり思うことはあるんですよね。「周りはもっと~~なのに」「俺だって~~なのに」って。


自分が味わったから、周りの状況を目の当たりにしているから、言いたくなるんだと思います。「なんでこんな事で」と。「俺だって辛いの我慢してるのに、こいつは簡単に弱音吐いて」と。


でも、そういった声をかけられた側は余計つらいと思います。周りと比較しての言葉だから。辛いのをわかってくれていないように感じるから。自分の事だけを見てくれての発言ではないから。


そういった時にそれらをぐっと飲み込んで、例えば運動部の練習中なら「もうちょっとだ、頑張ろう!」、普段のことなら「わかるよ、その気持ち」って励ましたり、共感してあげられたら、言われた側はどれだけ救われることでしょう。



もちろん、言葉をかけてくれるってことは凄くありがたいことです。励ましてくれるって、とても嬉しいことです。僕も誰かの言葉や励ましのお陰で頑張れたこと、たくさんあります。


ただせっかくなら、自分のような思いをする人が出ないように、そういった言葉を使わず、一人一人の辛さをわかった上で言葉をかけられるようになりたいと思う今日この頃でした。


格好よくまとめましたが、私は過去に「そのうちいいことあるよ」と無責任全開な励ましを多用していた時期があります。非常に情けないことです。…この記事、真っ先にその時の自分に見せたいなぁ…

若者よ、ノートを取ろう

のっけから説教臭くなりました。
就活やら色々あり、久方ぶりの記事です。実に5ヶ月近く経ってますね。


って書いてから下書きぶちこんで忘れてたので、9ヶ月は経ちましたね。今日は講義と就活がびみょーに関係する、ってお話を軽くさせてください。


正直、写真でもいいよね。

タイトルこそあれですが、僕は別に講義のスライドや板書の写真を撮ることには反対しません。便利な道具は使ってこそでしょうし、本人が覚えられればそれで良いと思います。(ちなみに僕は講義中のカメラの音は嫌いです)


ではなぜ、こんな説教じみた話になるんでしょうか。それは、将来大学生の大半が直面する「シューカツ」に関わるからです。


じゃあ、何故ノートが必要か

就活してて思ったのは「文明の利器が使える場面がほぼ無い」ことです。僕はノート取る派なので問題ありませんでしたが、スマホ派は少し厳しい戦いかもしれません。


説明会ではみんな必死の形相でメモとってます。自分もそうです。
それは何故か。スマホ「誰も使わない」「失礼にあたる(かもしれない)」から、失敗が許されない就活ではリスクが高いんです。だからみんな、無難にメモで妥協するんです。


しかも、スライド無しで口頭でのみ説明するような場所さえあります。そんな時にいきなりメモを取ろうにも、わかりやすく纏めるのはなかなか難しいでしょう。(ボイスレコーダー仕込むなら別ですが)


そんな時のために、講義でノート取りながら自分でわかりやすく纏める練習をしておくのは効果的です。板書ベタ写しでなく、見やすさを考えながら書いたり、講師の大事そうな口頭説明も拾えるとなおベターでしょう。


「先の事なんて知るかよめんどくせえ」って人もいるでしょうが、就活のみならず、社会人となってからも役立つスキルだと思いますから、きっと無駄にはなりません。お勧めします。なんか頑張ってる感じも出ますし。


合わせることも必要

先にも述べたように、僕は写真でもなんでも撮ればいいと思ってますが、就活においてそれを貫くのはあまりに無謀です。以前「私服OK」の合同説明会に私服で行ったりしたこともありますが、それなりに後悔しました。


かといってシステム自体が変わるのを待つのも時間がかかるので、不本意ではあっても適応するしかありません。
自分のスタンス貫いた結果第一志望落ちた、なんて悲しすぎるじゃありませんか…。


「慣習」とか下らないシステムのせいで非効率的な事、一杯ありますよね。自分自身、納得は出来ません。こういうところ、なんとかならないかなぁ。…慣習についてもう少し書きたいけど、今回はこれで。


ちなみに私は履歴書の手書きシステムを早急になんとかしてほしいです。1文字のミスで地球の資源無駄にするのはもうイヤです。名前だけ自筆にしてよ。マジで。

家からゲームが消えた話

f:id:rider1275:20160213022934j:plain


(ゲームを取り上げられた私)


最近、子供のゲーム機を壊した母親の話が話題になりましたね。私も実は似たような体験をしました。いや、してます。小学生の時から今まで10年近く、ゲーム取り上げられてるんです。理由はゲームのやりすぎでした。


今回は、これにより何が起きたかという話を、大きく3つに分けてします。


①学校生活に支障
学校行ってする話と言えばだいたいがゲームの話でした。プレイした感想とか自慢とか話すわけですが、ゲーム取られてから話に参加できなくなりました。


結果、ゲーム雑誌で情報を集め必死に会話についていこうとする羽目になり、ストレスがたまる一方でした。実際にプレイした話になると口をつぐまざるを得ませんでしたが。


また、家に友達を呼びゲームをやると怒られるので家に人を呼べず、遊ぶのは外か他人の家にお邪魔するばかりでした。小学生ながらものすごく申し訳なく思っていたのを覚えています。


②物欲と情熱が消える
ゲームを取り上げられてから、毎年の誕生日は嫌がらせに近いものでした。何せ「欲しいものはある?」と聞かれても本当に欲しいものは手に入らないからです。


この経験から、心はどうやら「欲しいものは手に入らない」と結論付けたようで、心から欲しいと思うものはなくなりました。


とはいえ、ゲームに興味を持ち続けた時代の事は強く記憶に残っており、ゲーム雑誌はたまに読んでいました。手に入らなくても、どんなゲームがあるかは気になっていたのです。


没収から5年、私は小遣いでゲームが買えると気付き、こっそりゲームを買いました。確か中3の時のことでした。


久々のゲームで、これはもう受験そっちのけではまるのでは、とワクワクしていました。…しかし、その時には既にゲームに対しての情熱は薄れつつありました。


というのも、手に入らないゲームに期待しても苦しいだけだったため、知らず知らずのうちに「興味を持つ」事自体が出来なくなっていたのです。ホント、絶望しましたよ…


…その反動か、今や新しいゲームを買っても長続きせず積みゲーだけが増えて行きます。


③興味を失う
影響はゲームのみにとどまりませんでした。高校受験の際も、大学受験の際も、「自分の将来にすら何ら興味が持てなかった」のです。


何がやりたいか考えてみても、特に何に情熱があるわけでもない。何でもやりたいような気もするし、本気かと聞かれるとそうでもない。


結果ろくに勉強せず、高校は親に言われるまま決め、大学も自分の素の学力で行けたところに進学し、流されるまま今日まで来ました。


まとめ
子供の時の経験って、人格形成に大きく影響すると思うんです。感受性も豊かですし。


そんな時に、彼や彼女の大事なもの、興味のあるものを取り上げて心に影響しないわけがあるでしょうか。いや、ありません。悪くなることこそあれ、良くなることはないと確信を持って言えます。


そもそも人のものを取り上げるって、人を絶望させる行為ですからね。仮面ライダーウィザードの悪役(ファントム)がまさにやってますし。


僕は辛うじてこの程度でしたが、下手したら心を閉ざしたり、逆上することだってあります。それだけの行為なんです。


どこまでがゲーム没収の影響かはわかりません。自分の将来に興味持てないのは自分の責任かもしれません。でも、こうなる可能性はあるんです。下手したら一人の人生おかしくする可能性があるんです。


もしあなたが子供のゲーム壊したり取り上げようと思ったら、ほんの少しでいいから思い止まって欲しいです。


…理由付けてここまで書いたけれど、そもそも人のものを取り上げるのは教育的にも道徳的にもダメでしょう。たとえ親子でも。

言葉遣いは容姿に出る、というお話。


f:id:rider1275:20160115010946j:plain


(図:有名なコトダマ使い)


言葉の持つ力って、案外馬鹿にできないものだと思っております。
「言霊」なんて言葉があることからも、言葉の力ってものは昔から認識されていたんだと推測できます。


主に言葉の力は他者とのコミュニケーションにおいて意識されやすいですよね。しかし今回は、「言葉は自分自身にも影響を与えてるのではないか」という話をしようと思います。


以前大学内で、男子二人を引き連れた女子を見たことがありました。
すれ違う際に会話が聞こえたのですが、女子が「あの授業、ホンットありえないぐらいクソでよー」のような、男言葉+汚い言葉遣いだったのでとても驚きました。


…容姿にかかわる発言は極力したくないですが、言葉遣いに相応の容姿だったと記憶してます。あ、ちなみに僕も人のこと言える容姿ではないです。


この一件で感じたのは、「言葉は心の鏡」だという事です。 現に、話し方や使う言葉でその人の知性がわかる、って事もありますよね。人に何かを伝えるとき「どう伝えたいか」っていう心の動きは、言葉に如実に出るわけです。
少なくともこの数秒で、彼女がおしとやかとは程遠い人種であることははっきりわかりました。


ここまではよく聞く話です。が、もう一歩踏み込んで先の容姿の話と関連付けると、「言葉遣いは容姿に表れる」のだと思います。
つまり、「心は言葉を通して容姿に表れる」という事になります。


実際、僕が今まで出会った人を見ても、容姿からのイメージと実際の言葉遣いは大体一致していました。みなさんもそうではないでしょうか。


自分の行動や発言は、他の人が認識しなくても自分が一番分かっているわけです。つまり、外に向けて放った言葉は、自分に言い聞かせているのも同じ、ということですね。


だから、使う言葉は徐々に容姿に反映されるんじゃないか、と思います。攻撃的な言葉を多用すれば容姿も威圧的になりますし、逆に優しくすれば温厚そうな容姿になる、という具合に。


そういう意味で、言葉は自分にも影響を与えるものだと思います。


余談ですが、この一件以来、僕は汚い言葉遣いをしないよう意識してきました。特に「死ね」「殺す」は意識して使わないようにしてます。容姿云々よりは、そういった言葉遣いが他所からどう見えるのか、というのを目の当たりにして怖くなったからです。


言葉遣いのせいで初対面から幻滅されるのって、悲しすぎるじゃないですか。せめて最初くらいは普通の人だと思ってもらいたいです。


ちなみに、「なんか」や「~らしい」等、伝聞を多用したり、明言を避ける人は責任を被るのが嫌な人らしいですよ。僕に合致してて、すごく驚きました。


普段あまり意識しない「言葉」ですが、たまに気にかけてみると自分を見直すきっかけになるんじゃないでしょうか。