読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなるブログ

心にうつりゆくよしなしごとを綴ってゆきます。

ゲーム紹介・デモンズソウル

去年、大学で
デモンズソウルとかソッコー終わったわwwwあれまじクソゲーwww」
とか言ってる人がいたのを思い出したんで、今回、初のゲーム紹介は「デモンズソウル」です。


f:id:rider1275:20151220121950j:image


死にゲーとして名高いゲームで、名前くらいは知ってる方も多いのではないでしょうか。5つのステージを廻りつつ各地のボスを倒すのが目的のアクションRPGです。


このゲームの面白いところは、やはりというかなんと言うか、よく死ぬところです。チュートリアルから最後まで死亡は日常茶飯事で、特に多対一の状況を作るとまず間違いなく死にます。
なので、「どのように戦うか」を常に考える必要があり、それが楽しいのです。


また各ステージのボスにはそれぞれ特徴があり、大体は特徴に応じた攻略法があります。正直初見で勝てるのは稀で、基本複数回挑まなければパターンはわかりません。
「体力の続く限り殴る」
みたいなゴリ押しプレイだと物凄く苦戦を強いられます。


それでも死を繰り返し、新たな攻略法を考えクリアした時の快感は何度やってもたまらないです。「記憶を消してもう一度プレイしたい」という人がいるのも頷けます。


オンラインでプレイする際は、プレイヤー同士でメッセージ(定型文の組み合わせ)を交換するシステムもあり、たとえば

「一歩前に出てみよう」

というメッセージをステージに設置することができます。
必ずしも正しいことを言う必要はないため、「一歩前~」メッセージがあるのは大抵アイテムが手に入る場所か、落下死する場所の二択です。近くに後述の血痕があれば確実に嘘です。
変なメッセージも一杯あります。


プレイヤー同士の繋がりとしては、他にも死んだプレイヤーの直前の行動がわかる「血痕」、協力・敵対プレイが楽しめる「召喚・侵入」があります。上二つは、活用すれば大きな助けになるでしょう。


一周目に関して言えば、上手い人はもとより、あまり上手くない私のような者でも、時間をかけてレベルを沢山上げる・召喚を利用する等すればクリアは出来ます。
(尚、世の中には最弱の奴隷装備+ソロ縛りで一周目クリアした方もおられます)


問題は二週目です。ステータスや装備は引き継がれるのですが、敵の強さが跳ねあがります。最初の雑魚ですら、一撃でこちらのHPの3割近く持っていきます。
一周目と何ら変わらない難易度、いや、むしろ武器強化の限界等を考えればそれ以上でしょう。


定型文に、
「ここからが本当のデモンズソウルだ」
というメッセージがあります。


ED分岐もありますし、きっと一周目は折り返し地点で、二週目からが本当のデモンズソウルなのでしょう。


クリアに必要なのは根気だけです。たまには、そんな硬派なゲームに触れてみてはいかがでしょう?


あ、ちなみに私はまだ二週目クリアできてません。あしからず。